中学受験をする場合には小学校6年生の後半から過去問対策を行う必要があります。

中学受験に成功するには

こどもに中学受験をと考えている人も多いと思いますが、どのように勉強させればいいのか悩まれたりしている方は多いのではないでしょうか。

中学受験が高校受験や大学受験と異なる点の1つは、小学校の授業が受験にそのまま結びついていないということです。
例えば、高校受験のための学習は中学での授業の延長線上にあります。中学での学習範囲をベースにして高校受験の問題が作成されているからです。

それに対して、小学校の授業は、それがそのまま受験に通用する内容とは言えません。
中学受験での選抜は小学校で習う知識を問うものではないからです。

もう1つ、受験を決めたとしても、ゴールに向けて小学生が自ら毎日やるべきことを決めて努力することなどできるものではありません。
中学生や高校生と同じようにはいきません。誰かが日々の学習が最終的に中学受験に結びつくようにコントロールしてあげることが必要です。

中学受験の場合にはやはり、塾などの受験のプロに任せるのが最適でしょう。親がやることは、こどもの生活習慣や意欲の維持など勉強のための環境を整えること、そしてこどもに合った塾を選んであげることです。
試験の傾向は中学によって違いますし、もちろん私立か公立かでも大きく違います。
塾にも特色があります。目標とする中学に適した塾で、かつ本人の能力や性格にも合った塾を選ぶことが大切です。愛媛県行ってみない?